アメリカ血統姫うずら

Quailfactory 活動報告

 

5月24日・福島市の三河台小学校へコリンうずらを寄付致しました。
Quailfactoryでは情操教育の為、うずら飼育の普及に微力ながら活動を行っています。
今回は雛を4羽寄付と言う形でしたが、成長と共に産卵をする事と思います。
その際にでも孵化の為のお手伝いを行いたいと思っております。
三河台小学校の中庭にはめだかのビオトーブをはじめ、魚やウサギが飼育されており、非常に環境の整った中庭でした。
ただ、うずらの飼育スペースとしては私の部屋よりも広い飼育環境でしたので羨ましい限りでした。
周囲のファイヤーウオール(金網等)も万全で、猫・蛇の被害も防いでくれそうでした。

Quailfactoryは福島県の川俣町に所在が御座いますので、周囲20km程度の小中学校等の教育機関(フリースクールや塾等も含む)から要請があれば飼育や孵化の簡単なレクチャーを行っています。
ご希望の学校や施設の担当者の方がいらっしゃいましたらお声をおかけください。
お問い合わせと注文のメールにて承れます。

Quailfactory 新しい仲間

モーゼル

大シャモの雛が産まれました。 黒が1羽、白が3羽、とても元気です。
目の上の模様が眉毛のようで、いつも笑っているように見えます。


シャモの場合、丈夫で死にそうもなさそうなので名前も付けてみました。
黒はモーゼル(写真) 白はそれぞれに、ワルキューレ、グスタフ、ローレライ等と名前を付けてみました。
特にモーゼルは凄くなついてくれています。
夜は鳥目で、しょうが有りませんが、昼間の時間帯、対猫・カラスの護衛をお願いしたいと思っています。